新型コロナワクチン最新情報

米FDA、モデルナ製のワクチンを緊急使用許可。

「18日、モデルナのワクチンが米で緊急使用許可」
米食品医薬品局(FDA)は18日、米バイオテクノロジー企業モデルナが開発した新型コロナワクチンについて、緊急使用を許可しました。
米国で新型コロナワクチンが実用化するのは、ファイザーに続いて2例目です。
【令和2年12月19日現在】
【NHK NEWS WEB参照】

ファイザーのワクチンはマイナス60℃~80℃の超低温冷凍庫の保管が必要なこともあり、このような記事が出てから弊社の超低温冷凍庫のお問い合わせが増えております。

ファイザー製とどう違う?

モデルナのワクチンは輸送の際、零下20度前後での保管が必要です。
これは一般的な冷凍庫内の温度にあたります。
一方、ファイザーのワクチンは零下75度近くで保管する必要があります。
そのため輸送に困難が生じています。

どちらのワクチンも2回の接種が必要で、モデルナのワクチンは1回目から28日置いて2回目の接種できます。
【BBC NEWSより】

モデルナのワクチンの予定

米メディアによると、数日中に全米に最初の590万回分を発送、接種が始まります。
日本政府はモデルナと5千万回分の供給を受ける契約を交わしています。
米政府は来年6月末までに2億回分の供給に合意済み。対象は18歳以上、医療従事者と高齢者ら長期療養施設の入居者に最優先で接種する予定です。

商品ラインナップ

  1. カノウ冷機社製
    超低温フリーザー『DL-90s』

    ¥560,000→¥400,000(税別)
  2. カノウ冷機社製
    超低温フリーザー『DL-140』

    ¥720,000→¥500,000(税別)
  3. カノウ冷機社製
    超低温フリーザー『DL-230』

    ¥860,000→¥600,000(税別)
  4. カノウ冷機社製
    超低温フリーザー『DL-300』

    ¥960,000→¥700,000(税別)
  5. カノウ冷機社製
    超低温フリーザー『DL-400』

    ¥1,080,000→¥800,000税別


   

関連するページ

ページ上部へ戻る