魚種にもよりますが、一般的な方法をご紹介します。

1)釣り直後の処理
まず血抜きをし、ハラワタなど最低限の処理を行います。

2)持ち帰り方法
クーラボックスを(釣りの場合)海水と(溶けて塩分濃度変わらないように蓄冷剤やペットボルなど密閉された)氷で満し、魚を入れて持ち帰ります。
※ここで鮮度を落としてしまえば苦労も水の泡です。

3)魚の処理
1回に食べる量ずつ小分けにします。
※ここでのポイントは、解凍したらすぐに食べられる状態にしておくことです。密封パックで小分けにすると、後の処理がとても楽になります。

4)超低温冷凍庫にて保管
常温の物を大量に入れると冷却不良を起こす原因にもなりかねませんので、何回かに分けて入れて下さい。

ページ上部へ戻る