1.何を保存したいのか?

食材によって適正な温度があります。マグロなどの高級食材は、-60℃以下の超低温冷凍庫をオススメします。ドライアイスの保管は、必ず-70℃以下の超低温冷凍庫で行ってください。ドライアイスの温度は-78.5℃なので、-30℃の冷凍庫などでは保管してもあまり意味がありません。冷凍食品やアイスクリームだけを保存したい場合は、-25~-35℃の冷凍庫で大丈夫です。
 

2.大きさは?

どれくらいの量を保管したいかを決めてください。少し大きめな容量のご購入をお勧めします。大容量の冷凍庫の方が価格的にもお得です。
 

3.予算は?

マグロなどの高級食材を保管する場合、-60℃の超低温冷凍庫をお勧めします。価格的に-70℃-80℃の超低温冷凍庫は高価なので、-60℃が最適です。ドライアイスを保管する場合、コストパフォーマンス的には-70℃をお勧めします。
 

ドライアイスの6日後の昇華率

常温の場合 … -92.1%
-60℃ … -43.5%
-70℃ … -24.9%
-80℃ … -17.8%

-80℃-70℃での昇華率の差は、わずか7%です。経済的にドライアイスを保管したい方には、-70℃の超低温冷凍庫がお勧めです。
 
ドライアイス昇華実験

ページ上部へ戻る