無風がいいワケ!!

一般的な家庭用冷凍庫では、風(冷気)を対流させています。これは、速く冷却させることと庫内温度を均一に保つためです。しかし、継続的に食材に風を当てることは、「乾燥」を引き起こす要因になるのです。たとえ食材を密閉保管しても、冷却時に風を当てることによって、食材に含まれる水分が分子レベルで滲出してしまうのです。

せっかくマイナス60℃の温度管理下で食材を保管しても、「乾燥」によってカスカスになってしまっては元も子もないですよね。では、どんなタイプがいいのでしょうか?
 

無風の「メリット」と「強み」

電話対応
冷気を循環させるタイプと正反対なのが、無風タイプ。庫内壁面や棚から発生する冷気のみでジワジワと冷やすので、庫内を無風に保ちます。だから食材の水分を奪うことなく、みずみずしい新鮮な状態の冷凍保管ができるのです。 ダイレイ製品は、すべて無風タイプになっています。
 

霜取り機能 とは?

冷凍庫には「霜」がつきます。一昔前では、冷凍庫にびっちりと付いた霜を取るために一時的に電源を抜いたりしたものです。大変だったからこそ、今や家庭用冷凍庫に霜取り機能は当たり前のこととなりました。「霜」とは、水が凍ったものです。なので、霜を溶かすためには、水の融点(0℃)まで温度を上げればいいのです。霜取り機能とは、一時的に庫内を0℃に上げるということなのです。
 

霜取り機能の「デメリット」

しかし、「今までカチコチに凍っていた庫内の冷凍物はどうなるの?」という疑問が湧いてきませんか? 一時的とはいえ、庫内温度を0℃近くまでにすることは、内容物にとって良い状態であるわけがありません。霜取り機能は、内容物を劣化させる要因でもあるのです。ダイレイ製品は、すべて霜取り機能を付けていません。
 

霜取りの方法

しかし冷凍庫である以上、霜は必ず付いてしまいます。霜は、冷却低下を招く要因でもあります。霜が付いたときには、箒やプラスティックのヘラなどで取り除くようにして下さい。超低温冷凍庫の霜は結晶も小さくて粉雪のような状態なので、付きはじめの段階でこまめに取り除くことをお勧めします。

ページ上部へ戻る