業務用冷凍ショーケースは、スーパーをはじめとする小売業の販売用に開発されています。
そのため、お店の規模や用途に応じてさまざまなシリーズが用意されています。
 
冷凍ショーケースには、
冷凍機別置型(コンデンシングユニット)と、
冷凍機内蔵型(冷凍・冷蔵ユニット)があります。
 

冷凍機別置型(コンデンシングユニット)の特徴

冷凍機別置型(コンデンシングユニット)とは、ケースと冷凍機が別になっているタイプです。
このタイプは、現地にて冷凍機とショーケースを接続して使います。

メリットとしては、ケースを連結できるので商品の連続感を損なわず、効果的な陳列が可能です。
コンビニやスーパーの陳列によく使われています。
ケースと冷凍機が分離しているので、音や排熱が店内にほとんど出ません。
ケースの台数が多くなると、数台のケースを1台の冷凍機で冷却できて経済的です。

デメリットとしては、配管工事が必要なのですぐに使えず、移動も簡単にはできません。
ケースと冷凍機が分離しているので、冷凍機の設置場所が別に必要になります。
また、冷媒や排水のための配管設備が必要ですので、専門業者に工事を依頼する必要があります。
 

冷凍機内蔵型(冷凍ユニット)の特徴

一方、冷凍機内蔵型(冷凍ユニット)は、ショーケースの中に冷凍機を内蔵しています。

そのため、コンセントを繋ぐだけで使用できるので、移動が簡単に行えます。
また、排水がタンク式なので排水設備は不要です。
もちろん、配管などの工事が不要で経済的です。

しかし、冷凍機の機械音と排熱が店内に出るので、夏場の対策が必要です。
ケースを数台つなぐ時、一台一台独立しているので、商品の連続感は出ません。
また、冷凍機内蔵なので、庫内容量が小さいというデメリットがあります。

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%92%e3%81%99%e3%81%8f%e3%81%86

この内蔵型ショーケースの中で食品を保冷する陳列室をガラス等によって外気と遮断した箱体の構造になっているものを、クローズドタイプと言います。
このタイプのショーケースは、透光性の材料としてガラスを用いていることが多く、結露により食品展示効果が低下しないように熱線反射フィルムや結露防止のヒーターが多く使われています。

また、食品の陳列室をエアーカーテンの形状により外気と遮断した箱体の構造になっているものを、オープンタイプと言います。
扉がないので商品は取り出しやすいですが、開口部からの熱侵入が大きいといった特徴があります。

ちなみに、ダイレイの冷凍ショーケースは冷凍機内蔵型(冷凍ユニット)です。
もちろん冷凍ショーケースのRIOシリーズとHFGシリーズには全てキャスターが付いていますので、移動が簡単に行えます。
 
rio125ss
RIO-125SS
 

ショーケースの用途

①スーパーマーケット 
食品(精肉・鮮魚・野菜・その他)・飲料・アイスクリーム等の販売
②コンビニ   
食品(弁当・サンドイッチ・その他)・飲料・アイスクリーム等の販売
③デパート食品売場
食品(精肉・鮮魚・野菜・弁当・その他)・飲料等の販売
④駅売店
飲料の販売
⑤学校生協
食品(弁当・サンドイッチ・その他)・飲料・アイスクリーム等の販売
⑥パン屋
パン・飲料の販売
⑦ケーキ屋
ケーキ・飲料の販売
⑧アイスクリームショップ
アイスクリームの販売
⑨酒販店
酒・飲料の販売
⑩ドラッグストア
栄養剤・飲料の販売
⑪肉屋
精肉等の販売
⑫魚屋
鮮魚・加工品等の販売
⑬八百屋
生鮮野菜・果物等の販売
⑭レストラン
ケーキ販売・食材の販売
⑮喫茶店
ケーキ・飲料の販売
⑯弁当屋
惣菜・飲料販売
⑰カメラ屋
フィルムの販売
⑱花屋
生花の販売
⑲釣具屋
釣り餌の販売

ページ上部へ戻る