お客様の声

北海道のメンテナンス会社様がダイレイ製の-60℃『DF-300e』を購入されました。

中型タイプの-60℃の超低温冷凍庫『DF-300e』を納品致しました。

北海道のメンテナンス会社様がダイレイ製の-60℃『DF-300e』を購入されました。

お客様から依頼されたらしく、ダイレイ製の-60℃超低温冷凍庫を探されていたみたいです。

北海道でしたので別途送料はかかりますが、色々検討した結果、弊社が一番安かったみたいです。

今回ご購入されたDF-300eはダイレイ製品の中でも中型タイプなので、かなりの量が入ると思います。

ダイレイ製の超低温冷凍庫の中では重量74kg、大きさも幅1,200mmくらいと中型です。

この度は、お買い上げありがとうございました。

ダイレイ製の-60℃超低温冷凍庫『スーパーフリーザーDF-300e』の特長は?

食材は、一般の冷凍庫で保存すればタンパク質の酵素が分解されたり、脂肪が酸化することで劣化・腐敗していきます。しかし、-60℃の業務用超低温冷凍庫で冷やすことによって、この化学変化を防ぐことが出来ます。
ref_why03
ref_why02

一般の冷凍庫の庫内温度は-20℃。店等で販売されている冷凍食品の賞味期限はおおよそ2~3か月です。

冷凍保存されている食品の細胞内の酵素は、緩やかになったとはいえ、確実にたんぱく質を分解しています。

このたんぱく質の酵素分解や脂肪の酸化が食品の劣化の原因なのです。この劣化の原因を抑えることができたら、食品の賞味期限は飛躍的に延びます。

-60℃の超低温冷凍庫で保存することで、酵素の動きをとめ、脂肪を酸化させません。また、冷凍焼けによる変色や食感の悪化を防ぎます。数週間の賞味期限が数年の賞味期限へと飛躍的に延びる事が出来ます。

ref_why04

ref_why05

【ダイレイ製のDF-300eの特長】

  • check賞味期限を飛躍的に延ばします。
  • check食品のみずみずしさを保ちます。
  • check独自の冷却システムで省エネを実現。
  • check耐久性・保冷性に優れています。
  • checkたっぷり入る中型タイプ

 
北海道超低温冷凍庫をお探しの方!!
是非コチラ☟をご覧ください。

商品ラインナップ

  1. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DFM-70e

    ¥270,000→¥213,000(税別)
  2. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DF-140e

    ¥380,000→¥243,000(税別)
  3. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DF-200e

    ¥440,000→¥282,000(税別)
  4. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DF-300e

    ¥500,000→¥324,000(税別)
  5. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DF-400e

    ¥580,000→¥377,000(税別)
  6. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DF-500e

    ¥710,000→¥460,000(税別)
  7. ダイレイ社製
    スーパーフリーザー DFS-500e

    ¥810,000(税別)
  8. ダイレイ社製
    まぐろフリーザー L-100

    ¥2,300,000(税別)

   

関連するページ

スタッフブログ

 
   
ページ上部へ戻る