アイスクリームから魚介類食肉、冷凍食品の大量ストックと販売に

◎電気代が節約できる省エネ・節電設計
◎庫内温度が外気温の影響を受けにくいスライド扉仕様
◎庫内温度-30℃時、外気温25℃でも曇りにくい特殊強化ガラス扉を採用
◎無風冷却方式だから乾燥による品質変化を防止
◎冷凍機内蔵で設置および配管工事不要
◎キャスター付きで移動が簡単
◎ノンフロンで、環境にも配慮
※外気温25℃、湿度60%、無負荷、直射日光を受けない条件での庫内空気温度です

商品ラインナップ

  1. ダイレイ社製
    ジャンボ無風冷凍ショーケース
    GTX-76e
    ¥594,000→¥429,000(税込)
  2. ダイレイ社製
    ジャンボ無風冷凍ショーケース
    GTX-76eW
    ¥594,000→¥429,000(税込)
  3. ダイレイ社製
    ジャンボ無風冷凍ショーケース
    GTX-77e
    ¥704,000→¥517,000(税込)
  4. ダイレイ社製
    ジャンボ無風冷凍ショーケース
    GTX-77eW
    ¥704,000→¥517,000(税込)

各部の名称と働き

※画像をクリックすると、メーカーのホームページ内取扱説明書(PDF)が開きます。内容並びにURLが予告なく変更される場合がございます。恐れ入りますが、予めご了承ください。

※説明書内に「冷凍冷蔵切替式」と表記がございますが、こちらの製品は「冷凍専用」になります。

冷却方法

◎内壁に冷却器が埋設されています。運転を始めると内壁が霜で白くなり、徐々に冷やされます。

放熱方法

◎本体の外壁と機械室内のコンデンサーで行います。機械室内の冷凍機が作動している時は外壁が放熱のため熱くなりますが、故障ではありません。

横型冷凍ショーケースの特長

◎物の出し入れの時、冷気漏れが少なく安定した保存状態を維持できます。
◎全面スライド式透明ガラス扉なので商品が見やすく、出し入れがスムーズにできます。
 

常温のものを保管する場合は少量ずつ

当製品は、保冷(元々冷えているものを継続的に冷やす)を目的としております。よって、常温のものを多量に庫内へ入れると、一時的に温度が上昇し警報が作動する場合があります。常温のものを庫内へ収納する場合は、少量ずつ数回に分けて、冷えた事を確認しながら収納してください。
また、常温の蓄冷剤や保冷剤を多量に庫内へ入れた場合も、同様の現象が生じます。蓄冷剤や保冷剤は、低温環境を長時間保持できる利点がありますが、その一方で、冷却にもかなりの時間を要し、庫内へ多量に入れると製品に大きな負担が掛かります。このため、蓄冷剤や保冷剤は極力保管しないようにしてください。やむを得ず保管する場合は、少量にしてください。


 

 

 
ページ上部へ戻る