%e6%b3%a8%e6%84%8f
ドライアイスは、直接皮膚に触れると凍傷を生じることがあるので、必ず手袋などをして扱うようにして下さい。

69bb-thumb-245xauto-1101ドライアイス洗浄とは、細かく粉砕したドライアイス粒をブラスト材(投射材)として高速噴射し対象物に衝突させることで、異物を高精度に除去・洗浄する装置システムです。
対象物の表面に傷や変形痕を付けにくく、対象物の大掛かりな分解・組み立てが不要なほか、対象物が高温状態でも温度降下を待たず処理することができます。
また、洗浄に使用したドライアイスは昇華(気化)して空気中に拡散するため、ブラスト廃棄物が発生しません。
 

洗浄原理

① 洗浄対象物に油汚れや塗料などの異物が付着する
② ドライアイスの衝突により、対象物が熱収縮し剥離しやすくなる
③ さらに衝突の物理的作用とともに、ドライアイスの昇華により体積膨張し、汚れを剥離する
④ ドライアイスは気体(炭酸ガス)へと昇華し、剥離後は付着物だけが残る
 
attack_01attack_02attack_03
 

特長

① 対象物に傷をつけにくい
② ドライアイスは柔らかい物質で研磨力が低いため、金属なら傷をつけない
③ ブラスト材が残らないため、後処理の時間短縮やコスト削減に有効
④ ドライアイスは液体にならず、直接固体から気体へと昇華
⑤ 手や機具が届きにくい細部も洗浄可能
⑥ 圧縮空気がドライアイスを奥まで送り込み、汚れを掻き出して剥離
⑦ 洗浄用途が広い
⑧ 精密なナノレベルの洗浄ならパウダー洗浄、大型設備の頑固な洗浄ならペレット洗浄
⑨ 環境に優しいECO洗浄
⑩ ドライアイスは工業生産の副産物である二酸化炭素の有効利用であり、本来空気中に放出されてしまうものを再資源化したもの
 

洗浄事例1

【Before】
senjo_before_02
 
【After】
senjo_after_02
 

洗浄事例2

【Before】
senjo_before_04
 
【After】
senjo_after_04
 

おまけ「やまちゃんとドライアイス洗浄機」

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e6%b4%97%e6%b5%84%e6%a9%9f
 
%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e6%b4%97%e6%b5%84%e6%a9%9f%ef%bc%91
 
価格は200万ほどしました…。

ページ上部へ戻る