%e6%b3%a8%e6%84%8f
ドライアイスは、直接皮膚に触れると凍傷を生じることがあるので、必ず手袋などをして扱うようにして下さい。

ドライアイスは、そのまま常温の場所に置いておくと、外気温・湿度・風の影響を受けて溶けていきます。
また、-20℃の一般の冷凍庫に入れてもドライアイス自体の温度が-79℃と圧倒的に低いため、時間が経つにつれどんどん気化し、保管する事は出来ません。

では、家庭の冷凍庫で少しでも長く保管するにはどうしたらいいのでしょうか?
 
①まず、こんな小さな発砲スチロールを用意してください。
s__13525000
 
②次にドライアイスを入れて。
S__13525002
 
③そして、しっかりフタをして下さい。
S__13525007

④そのまま、冷凍庫に入れる!!

S__13525013

⑤これで終わり!!

S__13525009
 

【解説】

ドライアイスは、温度や空気、湿度などによって溶けます。
発泡スチロールの中にドライアイスを入れることによって、できるだけ空気に触れないようにします。
また、発砲スチロールを冷凍庫に入れることで、外気温を冷たく保ちます。
 
ただし、ここまでやっても3日くらいで無くなります。
ドライアイスを保管するのは、ヒジョーに難しいのです。

ページ上部へ戻る